ホテル軽井沢1130 宿泊記

1泊2日で軽井沢へ行ってきました。
今回のお宿は北軽井沢にあるホテル軽井沢1130。
軽井沢長野県ではなく群馬県にあります。
東京駅から軽井沢駅まで新幹線で約1時間10分。
ホテルへは軽井沢駅から送迎バス(要予約)で40分。本数は1日3本。

バスの時間まで軽井沢散策を楽しみました。
やっぱり万平ホテルのラウンジは外せない。ケーキを食べながらのんびり。
今年も11月には各店舗オリジナルスイーツを提供する「軽井沢スイーツ散歩2017秋」が開催。今回は「りんご」がテーマらしいです。食べたかった~。

星野エリア・ハルニレテラスへも行きたかったけど断念。
無料シャトルバスは中軽井沢駅発着になり
軽井沢駅発着便は、夜の時間帯のみの運行に変わっていたので。

軽井沢散策を楽しんだ後はバスでホテルへ。
道が混んでいると結構時間がかかります。

ホテル軽井沢1130

(お部屋)
洗面所やお風呂も広く、ミニキッチンもあり広々とした部屋でくつろげます。
空気清浄機もあり快適に過ごせました。

(お風呂)
大浴場は客室数の割に規模は小さめなので
空いていそうな時間を狙って入浴しました。
露店風呂、サウナあり。
泉質はナトリウム・硫酸塩・炭酸水素塩泉でとても良かったです。
体の芯までしっかり温まりました。

(食事)
夕食はフレンチ、和会席、ブッフェから選択可能。
今回はフレンチを選択。
【一つ星 季節のメニュー】
桜海老と空豆 スナップ豌豆のソース
玉葱のクレーム スペイン産生ハム添え
鰆の切り身 あおさ海苔のソース アーモンド風味
群馬名産上州牛サーロインの網焼き 季節野菜添え 旨みジュ
本日のパティシエからのデザート
コーヒー又は紅茶
焼き立てパン2種、オリーヴオイル
グレードアップメニューもあり。
軽井沢1130フレンチ
サーロイン。お肉はもちろんだけど野菜も美味しい。
軽井沢1130フレンチ
デザート。甘すぎずすっきりしていて後味がよく◎
最初から最後まで素材を生かした優しい味で全体的に重くなく美味しかったです。

朝食はバイキング。品数は多くはなく内容はオーソドックス。
新鮮野菜を使ったフレッシュジュースがおすすめらしいですが
野菜ジュースをあまり好きじゃないのでスルーしました。冬には薬膳スープになるらしいです。
代わりにサラダを沢山食べられて満足。

屋上には浅間山などの山々が眺められるパノラマテラスがあり
利用しませんでしたが室内温水プールもあります。

電車でくると駅から遠い点が少しネックでしたが温泉もあり部屋も広く
チェックアウトが11時で朝がゆっくりでき
かなりリーズナブルなプランで宿泊できたので大満足でした。

スポンサーリンク